農地法第4条農地転用と農地法第5条の違いについて

2019年10月11日(金)

当事務所に対する問い合わせで、多いご質問に「農地法第4条の

農地転用と第5条の農地転用の違いを教えて欲しい。」があります。

農地転用とは、農地を宅地・工業用地・駐車場、農地以外の用途に

転換することですが、農地を一時的な資材置場・作業員仮宿舎・砂利採取場などに

する場合も農地転用となります。

その場合、農地転用の許可申請を提出することになりますが、農地法第4条と

農地法第5条の申請書式は異なっています。

その違いのポイントは、下記の通りです。

農地法第4条の転用

農地の所有者が、自ら農地を転用する場合で、申請者は農地転用事業者本人です。

農地法第5条の転用

農地の転用事業者が農地の所有者から農地を買ったり借りたりして転用する場合で、

申請者は転用事業者と農地所有者の両方になります。

 

当事務所では、事案ごとにご要望のヒアリング、

現地農地の確認もさせていただき、農地転用許可申請のための

適切なアドバイスを行っておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

※過去の「お知らせ」情報は、「お知らせ」をもう一度

 クリックしていただくと見ることができます。

 ご確認の程、何卒宜しくお願い致します。